FC2ブログ
上州粋会 Mさんの独り言
桐生祭り・独り言を書き綴ります.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の話

パンチラなら
ババアでも目が行ってしまう
わかっているのに・・・な男
Mです。
こんばんは。


もう条件反射ですよね。
みちゃった後に「あ~・・・」と絶句。
でも男ですもの。


さて、見てしまったといえば、
以前Mが某福祉施設で働いていた頃。
外に出れない利用者さんの為に
桜の時期になるといつも花芽をもった桜を
もっていってたんです。


Mの祖母の家は桐生市の山間にあり、
桜・桃・梅・枝垂れ桜と
時期になると結構きれいなんです。


で、いつものごとく、
杖をついた、足痛そうにやっと歩いている祖母に
気を配りながら、
「ばぁちゃん、平気かい、いーよ俺がいってくるから」
なんて感じで
それでも強引についてくる祖母と裏山に行き、
桜の枝を切っていたんです。


桜の枝なんていっても、結構根元から切るので
結構な重さなんです。
「いいよ、いいよ俺運ぶから」
といっても何も言わず片手で運ぶ祖母


で、枝を切るといっても、素人には切っていい枝なんかわかりません。
ちなみに枝おろしもかねているわけです。
そこで祖母の指示を仰ぐわけです。


「それ、切っていいから」
「それは切るな」


的確な指示が木々の間でとびます。


「ばぁちゃん、ありがとうね」


そう言いかけて気づきました。


祖母が枝をさしているのは持っているはずの杖
杖で枝をビシビシと指し指し歩くのです。


杖ついてね-じゃん!!


いつもの膝痛いアピールはどこへやら


裏山(結構な斜面)すたすた歩いてる!!


どうやら日頃、裏の池の鯉を釣ってみたり、
犬に眉毛書いたりする孫を信用していなかったみたいです。


余計な枝を切られまいと
必死な祖母。


余談
そういえば
「膝痛いから」
といってても杖を忘れることもおおいな。
スポンサーサイト

レッドライン

人間の想像できる事は
実現できる事らしいですね!
ちょっと想像してみます。
とても言えません。
Mです。こんにちは。

さて、子どもの頃、
誰しも猫型ロボットの道具が欲しいと
考えると思います。
ドアで世界の色々な所へ行ってみたい。
コプターで空を飛びたい。
子どもならではの想像力の活用法ですよね。


女性は不純な方向にはあまり行きませんが、
思春期継続中のMは欲しい道具が盛りだくさんです。

もしも芸能人にモテモテだったら!
この、大ライト、あてたらどうなるのか!
どうなるのか!!
時間風呂敷は回復アイテムとして使えないのか!

もう煩悩だらけ。
ひ孫がみたら泣き出します。
ま、彼も剛田妹から逃れる一心で必死だったわけですが。
所詮彼も一頭の雄。
遺伝子がそうさせたのでしょう。
まさにのびのび育ちました。

無駄は淘汰されるって事ですかね。
Mの腹と代表の二の腕は無駄ではないので!
これは貯蔵なので!
ただ、自由に使えないだけ!

祭り前、焦り減量、落としても
秋にたべたら当たり前かな。

そう、我々は使わないんです。
まだ、そのレベルの危機には見舞われてないから。
安全大国バンザイ!

お前はもう死んでいる。

「すみません、チーズのみじん切りください」
それはパルメザンチーズだぜママン。
中学生時代、滅多に外食に行かなかった
M家のファミレスでの一コマ。
こんばんは。Mです。

ふと、外食で思い出したんです。
すっごい今、耳熱い。
父は某ステーキ屋さんでステーキソースを
大根おろしと間違え、料理がくる前におかわり。
あー、耳熱い。

ざっくり覚えてると辱めにあう。という
いい例です。
ステーキ屋さんの前菜で大根おろしは
ないでしょダディ。


友達とかでもありますよね。
「ケーンのサンダル買ったよ。見て見て」
的なノリを人が多い所で披露。
その段階で友人は気づいてない大恥。

…キーンか。

「…いいじゃんケーン(小声)」

何故か一緒に大けが。

Mの声の小ささにテンションの落ちる友人。

「いいじゃん!かっこいいよそのサンダル」

「だろ、Mが履いてるのみて俺も欲しくなってさ、
買っちゃった、ケーン。」

…お前はリンかバットか!!
ケーン、ケーンいうな!
胸に北斗七星ないから!

Mまでパチモノ履いてるみたいじゃん
あえてそのワードを避けてるのに。

「あれ、同じのダメだった?デザインは変えたんだけど…」
とたんに落ち込む友人。

違う!そこじゃない!そこじゃぁないんだよ!
なんで君のざっくり暗記でMが人の多い所で
ざっくり大けが負わされてるのかが問題なんです。

皆さん、ざっくり暗記は自分の責任の範囲で
行いましょう!!

得手不得手

壮絶な寝返りをしたらしく
寝違えましたよ
股関節。
Mです。こんにちは。


意味のわからない痛み。
どうやらMは寝返りが苦手みたいです。

さて、苦手と言えば人間には
誰しも得手不得手というものがあります。
それは運転などの動作や
人間関係などの精神的なモノまで多伎に
渡ります。

それって、身に着けるモノにも言えて
色だったり、デザインだったり。

夏になり、震災の影響もあって
各地のイベントが中止になっています。
我らが上州粋会も桐生八木節祭りあってこそ
の団体。
とりあえず開催予定みたいなので一安心です。

夏と言えば祭りと花火。
浴衣美女を見かける機会も増えるのです。
スッとしたうなじといそいそとそぞろ歩き。
「立てばシャクヤク
座ればボタン
歩く姿はユリの花」
昔の人は上手い事をいうモノです。
そんな浴衣美女と浴衣デート。
男のほうも浴衣だとバチッときまりますね。
ただ、男の浴衣はかなり難しいと思います。
若過ぎても着せられてる感まるだしになりますし。


Mが着ると噺家か、新弟子。
ないしはバカボンみたいになります。

ま、カッコはつけたいですが
モテる事はないのでいいんですが。
モテる事が目的ではないですし。
完全な開き直りですけどね

女性は似合わない人はいないですよ。

ま、着たい服をきればいいのだ。
それでいいのだ。





赤塚先生バンザイ!

島崎和歌◯はイパネマ

大人の階段のぼる♪
…途中で膝に水が溜まったみたいです。
大丈夫、先に行ってください。
Mです。こんにちは。


階段っていうと思い出すのはあの日の父。
家族で旅行にいきました。
「よし、いくぞ」

子ども心にウキウキしてたんです。

甘かった…。

玉子焼きと言って目をつぶらされ
口の中に放り込まれた蜂の子

朝、目が覚めたらキノコ狩り装備で福島山中

豚肉と言って食わされた熊鍋

「錆びてたから塗っといた」
小4の紫ラメのMのチャリ


基本事後報告。
思い出すと泣けてくる。


皆さんは登った事ありますか?
東京タワーの階段。
当時外階段だった気がします。


父のサプライズ、むしろ恐怖です。
今だに秘密にされる食べ物は
食べられません。
誰であっても。

ちなみに今では立派な高所恐怖症。
大人の思う「コレっ」ってものは
大概子どものトラウマになります。
朝、中華なパイパ◯をみたいのに
気づくと福島山中。

いやー、ないわー。

プロフィール

klx250sr

Author:klx250sr
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。